サクラダリセット

スポンサーリンク

『サクラダリセット』は、原作者・河野裕先生によるライトノベルを原作としたTVアニメ。
イラストは椎名優さんが担当。
2017年に前後編で実写映画化もされている。
なおアニメでは2クール放送も決定している。

ストーリー&スタッフ・キャスト情報

ストーリー
住人の半数が特別な能力を持つ街、咲良田(さくらだ)。能力者の監視を行う「管理局」の下、住人は平和に暮らしていた。「目の前の人の涙を消したい」、「誰かに声を届けたい」。そんな優しい細やかな“願い”とともに、この街の能力は生まれていった。過去に体験したすべての記憶を思い出すことができる「記憶保持」の能力を持つ浅井ケイと、〝世界を最大3日分巻き戻す能力〟「リセット」を持った春埼美空。彼女自身も、「リセット」の影響を受け、記憶を失ってしまうが、どんなことも決して忘れることのないケイと力を合わせることで、二人は過去をやり直し、現在(いま)を変えることができる―。しかし、その二人にもやり直せない“過去”があった。それは、二年前に同級生の相麻菫を「リセット」の影響で失ってしまったこと。二人は「奉仕クラブ」という部活に所属し、生徒たちの様々な依頼をこなす日々を送りながら、相麻菫を生き返らせる方法を探っていた。そんな彼らのもとにある依頼が舞い込む―「死んだ猫を生き返らせてほしい」。 過去に起こった“悲しみ”を消すために、少年と少女は時を駆け巡り、世界を変えていく―


スタッフ
原作:河野裕「サクラダリセット」シリーズ(角川文庫/角川スニーカ文庫)、原作イラスト:椎名優、監督:川面真也、シリーズ構成:高山カツヒコ、キャラクターデザイン:下谷智之、プロップデザイン:高瀬さやか、美術設定:谷内優穂、色彩設計:水野愛子、3Dディレクター:池沼勇人、美術監督:海野有希、撮影監督:石黒晴嗣、編集:長谷川舞、音楽:Rayons、音響監督:亀山俊樹、録音調整:内田誠、音響効果:小山恭正、制作会社:デイヴィッドプロダクション


キャスト
石川界人、花澤香菜、悠木碧、江口拓也、山田悠希、牧野由依、三澤紗千香、相坂優歌、西山宏太朗、逢田梨香子、井口祐一、大原さやか、上田燿司、久野美咲

主題歌情報

【OP】「Reset」牧野由依
【ED】「トナリアウ」THE ORAL CIGARETTES

放送情報・配信情報

放送情報
TOKYO MX 2017年4月5日(水)23:30~
関西テレビ 2017年4月6日(木)26:55~
BS11 2017年4月7日(金)23:30~
AT-X 2017年4月8日(土)24:00~


配信情報
dアニメストア 2017年4月8日(土)12:00~
J:COMオンデマンド 2017年4月8日(土)24:00~
J:COMオンデマンド メガパック 2017年4月8日(土)24:00~
milplus 2017年4月8日(土)24:00~
ビデオパス 2017年4月8日(土)24:00~
U-NEXT 2017年4月8日(土)24:00~
アニメ放題 2017年4月8日(土)24:00~
Netflix 2017年4月8日(土)24:00~
フジテレビオンデマンド 2017年4月8日(土)24:00~
dTV 2017年4月8日(土)12:00~
ゲオチャンネル 2017年4月8日(土)12:00~
バンダイチャンネル 2017年4月8日(土)24:00~
Hulu 2017年4月8日(土)24:00~
AbemaTV 2017年4月8日(土)24:00~
ニコニコ生放送 2017年4月8日(土)24:00~
ニコニコチャンネル 2017年4月8日(土)24:00~
ひかりTV 2017年4月8日(土)24:00~
楽天ShowTime 2017年4月8日(土)24:00~
Amazonビデオ 2017年4月8日(土)24:00~
Google Play 2017年4月8日(土)12:00~
TSUTAYA TV 2017年4月8日(土)24:00~
ビデオマーケット 2017年4月8日(土)24:00~
DMM.com 2017年4月8日(土)24:00~
HAPPY!動画 2017年4月8日(土)24:00~
アクトビラ 2017年4月8日(土)24:00~
ムービーフルPlus 2017年4月8日(土)24:00~
LEONET 2017年4月8日(土)24:00~
OnGenムービー 2017年4月8日(土)24:00~

原作者・スタッフ・キャストコメント

 

原作者・河野 裕

本作は意外と複雑な物語で、映像化するにはなんらかの割り切りが必要だろうと思っておりました。そこでアニメの打ち合わせの場で「異能力サスペンス的な部分をメインにしますか? 高校生が少し哲学的な話をしている雰囲気の部分をメインにしますか?」と質問させていただきました。どちらかに絞らないと成立しないのではないか? という思いがあったからです。
そこで川面監督から頂いたお答えは、「私が作ると、なんであれ雰囲気は壊れない」というものでした。原作者としては、こんなにも心強いお言葉はありません。私はそれから全面的に川面監督を信頼して、脚本も読ませていただきました。放送が心から楽しみです。
コメント2
アニメ「サクラダリセット」は物語が小説版の3冊目から始まります。
これはいわゆる「過去編」に当たります。
エピソードを時系列順に並べ直したわけですが、こうしたことで冒頭から浅井ケイと春埼美空の出会いと、さらに相麻菫を加えた3人の関係性が描かれることになります。
相麻はこの物語において、最後まで非常に重要なキャラクターですので、1話から彼女がいるのはいいですね。
物語としても、より各キャラクターの本質に近い部分から始まりますので、とても理にかなった構成だと思います。

監督・川面真也

なにかしらの痛みに耐えている登場人物たちの、透明感のある心情を少しでも映像で表現できればなと思っています。
とはいえ、とても難しいですけれども…スタッフ一同頑張っておりますので、ぜひ見ていただければと思います。

シリーズ構成・高山カツヒコ

原作は、とても緻密なロジックで構成された、恋と正義と優しさの物語です。
登場人物たちがみんな一生懸命に生きている様が、とても愛しくなる作品です。
脚本の最終回を書いた時に、この世界と別れるのがさみしくなりました。
でももうすぐ、今度は一視聴者として、
もう一度サクラダリセットの世界と再会できるのが楽しみです。

キャラクターデザイン・下谷智之

サクラダリセットに参加するにあたり、自分の絵柄とのギャップを
いかに埋めていくかで試行錯誤するところからはじまりました。
原作の世界観や空気感、場面や情景を少しでも映像で伝えられるようにケイや美空、
菫たちの表情を大切に作りたいと思います。是非、ご視聴いただければ幸いです。

石川界人(浅井ケイ役)

浅井ケイを演じます、石川界人です。
原作を読んでケイに憧れ、ストーリーの緻密さに驚きました。
この作品の大きな魅力である、ロジカルな部分や登場人物たちの繊細な感情を
大事にして行きたいと思っています。
また、ケイを演じるにあたって周囲の人のことばをよく聞き、観察をし、考えながら
アフレコに臨んで行こうと思います。是非、最後の最後まで見て頂きたいです。

花澤香菜(春崎美空役)

原作の中に、美空ちゃんが喋るときの描写が細かくあるので、
それをくみ取りながら練習しています。
リズムの良い会話劇の中でどこに向かうかわからない展開に、とてもワクワクします!!早く皆さんに観ていただきたいです!!!!

悠木碧(相麻菫役)

語りたいことだらけだけれど語れない、でも語れたとしても、
語りつくせないかもしれない。
全てに意味があり、確実に繋がっていきます。
私も呼吸の一音まで、含ませていけるよう、頑張ります!

江口拓也(中野智樹役)

サクラダリセットは独特の空気感とテンポで進んでいく作品です。
毎話見るたびに伏線をはり、それが回収されて行く様は物凄く気持ちが良いです。
僕が演じるキャラクターは主人公の親友ポジションです。
彼には「声を届ける能力」があるのですが、その能力が物語にどのような影響をもたらすのか。 是非、その目で確かめて下さい!

山田悠希(皆実未来役)

未来はいつもニコニコしている明るい女の子です。そう… たとえ◯◯でも…!
しかし、能力を持つ人と持たない人がいる世界であるからこその複雑な思いもあったりします。個性的な能力が映像としてどう表現されるのか、ケイの願いは叶うのか、私も楽しみです!

牧野由依(村瀬陽香役)

村瀬の纏う独特な雰囲気を、
この繊細なストーリーの中でしっかりと出せていけるよう、
ピンッと神経を張り巡らせながら一つ一つを大切に演じていきたいと思います。

三澤紗千香(野ノ尾盛夏役)

野ノ尾盛夏は、長い黒髪を持つ、猫と意識を共有できる能力を持ったマイペースな
女の子です。
独特な価値観、テンポを持っていて、ミステリアスでつい気になってしまいます。
「サクラダリセット」は、キャラクターの一言一言がとても重要で、
タイミングによって意味・意図が変わって感じられるので、
是非何度も見返していただきたいです。

西山宏太朗(非通知くん役)

サクラダリセットは、独特な空気感があり自然と惹き込まれてしまう作品です。知れば知るほど、驚きとすっきり感で気持ちいいです。
僕の演じる彼にも伏線があるかもしれません。ぜひじっくりとご覧ください!

相坂優歌(岡絵里役)

このたび 岡絵里 役を演じさせて頂けることになり、とても嬉しく思っています。
痛いほどの強い意志、そして脆さ。中学生の葛藤を香らせることが出来たらと思い精一杯挑みました。
ケイたちとどう絡んでゆくのか、楽しみにして頂けたら幸いです。

逢田梨香子(世良佐和子役)

時間がゆっくり流れているような空気感、そしてキャラクター一人一人が繊細でどこか切なくて、とても素敵な世界観を持った作品だなと感じました。‬
‪真面目が故に、様々な葛藤と戦う佐和子にも注目して観て頂けたら幸いです。‬‬

井口祐一(坂上央介役)

彼の能力は、自分ひとりでは効果のない、自分自身に直接的な影響もないものです。誰かが望みそれを叶えるときにだけ使われる能力を持った彼は、 やはり性格も控え目で頼まれると断れないタイプ。
僕自身にリンクする部分が多いため共感すれど、彼の本心を知っている僕はついつい叱咤したくなってしまいます。
彼が何を望み、誰の為に能力を使うのか。そんな点にも注目してご覧頂ければと思います。

大原さやか(魔女役)

時間と空間を超越したファンタジーでありながら、哲学的・論理的思考を存分に駆使して緻密に創り上げられている世界観に圧倒されました。
名前すら持たない魔女の運命を、精一杯生き抜こうと思います。

上田燿司(津島信太郎役)

毎回、会話のやり取りの微妙なニュアンスをとても大切にしている収録現場です。一見、平気そうだったり、面倒くさそうにしている津島の言葉の端々に内面の不安や忌避感が表現出来ればと思っています。

 

サクラダリセット 公式サイト

スポンサーリンク